弱虫ペダルを無料で観る!あらすじ・キャラクター紹介のまとめ

この記事では、アニメ「弱虫ペダル」を無料で視聴する方法やあらすじ・キャラクターなどを分かりやすくまとめています。

弱虫ペダルの面白さが伝わるように、画像や動画を使って解説しているので、ぜひご覧ください!

弱虫ペダルのスタッフ・制作会社

  • 原作: 渡辺航
  • 監督: 鍋島修
  • シリーズ構成: 吉田玲子(第1期・第2期)、砂山蔵澄(第3期・第4期)
  • キャラクターデザイン: 吉田隆彦(第1期・第2期)、番由紀子(第3期)
  • アニメーション制作: TMS/8PAN

弱虫ペダルのキャラクター

小野田 坂道(おのだ さかみち)

出典:すこすこタイム

本作品の主人公。

総北高校のクライマー。

高校入学を機にオタク仲間を作ろうとアニメ研究部の再結成を図ろうとするが失敗。

同じ1年の今泉、鳴子、寒咲に出会ったことがきっかけで、自転車競技部へ入部を決める。

入部以降はクライマーとしての資質を見出され「身軽な体躯」「目標に一途なメンタル」「軽いギアでもぶれないハイケイデンス(高回転)ペダリング」を特に評価される。

その後はインターハイ個人優勝とその後様々な大会で優勝してきた事から、「山王」の異名で呼ばれているほどに成長した。

今泉 俊輔(いまいずみ しゅんすけ)

出典:Twitter

総北高校のオールラウンダー。

非常にクールな性格で真面目な努力家。

手を抜くことなく努力する人間には実力が足りずとも敬意を払うが、努力しない人間のことは見下し自分にも他人にも厳しい。

根は熱くなるタイプで極度の負けず嫌いなところがあり、ライバル関係にある鳴子とは2人でエース争いをするなど、言い争いが絶えない。

中学生時代は県内屈指の自転車レーサーで、中学時代にある大会で「母親が事故にあった」と嘘をついた御堂筋に大差をつけられ準優勝で終わったが、それをバネとし、高校入学後もさらに厳しいトレーニングを積み続けている。

鳴子 章吉(なるこ しょうきち)

出典:RanQ

総北高校のスプリンター→オールラウンダー。

関西では名の知れたレーサーで「浪速のスピードマン」の異名を持つ。

派手好きな性格で髪や愛車など身の回りのものはとにかく赤い。

家族や友達思いで縁起を大事にする人情家。

目立つことを信条にしており、「速いのが一番目立つ」という理由からスプリンターを選んだ。

インターハイ後に今泉からオールラウンダーへの転向を勧められ、スプリンターへのこだわり故に拒否していたが、久々に大阪を訪れた際に御堂筋と遭遇、一騎討ちで負けたらスプリンターを辞めると宣言し、御堂筋に敗れたため、オールラウンダーへ転向した。

金城 真護(きんじょう しんご)

出典:エンタメLab

総北高校自転車競技部主将。

2年時からエースを張るオールラウンダー。

どんな逆境でも決して勝負を諦めない精神力の持ち主であり、「石道の蛇」の異名を持つ。

無口で厳しい一面もあるが、根は優しくて実直。

あえて過酷な試練を与えることで、坂道ら後輩の素質を引き出そうとしている。

巻島 裕介(まきしま ゆうすけ)

出典:エンタメLab

総北高校のクライマー。

長い手足を生かして自ら編み出した極端に車体を左右に傾けるという独特のダンシング走法を身につけている。

その独特の走りから「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)」の異名をもつ。

坂道にとっては、悩んだ時や不安な時にいつもアドバイスをし励ましてくれる憧れの先輩で、その精神的支えでもある。

インターハイ終了後はイギリスで独立している兄の仕事を手伝いながら大学に通うため、自転車競技部を途中退部し留学した。

そのことに伴うショックで坂道が坂を登れなくなるほどの不調に陥ったことから、去ってなおその存在の大きさを窺わせる。

田所 迅(たどころ じん)

出典:matome.naver.jp

総北高校のスプリンター。

「暴走の肉弾頭」の異名を持ち、先頭になってチームを引っ張るときは「肉弾列車」とも呼ばれる。

豪快な性格だが細やかに気を配ることもでき、1・2年の後輩に対する面倒見も良い。

インターハイ1日目、鳴子、箱学の泉田と熾烈な争いを繰り広げグリーンゼッケンを獲得。

しかし2日目、前日からの体調不良でスタートが遅れたものの、坂道の引っ張りと歌を歌いながら走ることの効果で無事チームに合流、チームのトップ争いに貢献した。

手嶋 純太(てしま じゅんた)

出典:nijimen.net

総北高校のクライマー。

自らを凡人と称し、実力はいまひとつだが、非常に頭の回転が早い。

真っ向勝負しかできない総北のメンバーの中で唯一、頭脳戦を得意とする策士だが、御堂筋のようにダーティーな手段を使うわけではなく、基本は真っ向勝負で挑む。

後輩たちに勝つため彼らの走りを研究したり、インターハイ中も裏方の仕事の合間を縫って青八木と共に猛トレーニングをこなしたりと、探究心の強い努力家。

2年生時に田所と共にインターハイに出場するという夢は叶わなかったが、自らの至らなさと1年生たちの才能を素直に認め、インターハイではチームのため裏方に徹した。

インターハイが終了し、上級生の引退後は主将に任命され、巻島の途中退部が原因で走れなくなった坂道をもう一度奮起させるような熱い走りを魅せるなど、得意の努力と面倒見の良さで主将らしさを発揮する。

青八木 一(あおやぎ はじめ)

出典:twitter.com

総北高校のスプリンター。

鳴子からは「無口先輩」と呼ばれている。

手嶋とは1年のころから一緒にいるからか、言葉を介さずとも意思の疎通ができる。

1学年上の田所を尊敬しており、手嶋と共に揃ってインターハイに出場することを目指していたが、出場をかけた2年時の合宿で1年生3人に敗北する。

そのためインターハイではチームのため裏方に徹した。

3年生時に副部長となりレギュラーに昇格。

1年生の鏑木に対しては田所を超える可能性があると高く評価し、練習に励む鏑木にアドバイスを記したメモを通してコントロールすると共に、その成長を見守る。

鏑木 一差(かぶらぎいっさ)

出典:mutsumi326.pixnet.net

総北高校1年。

オールラウンダーを自称しているが、キャプテンの手嶋などからはスプリンターとしての素質を見出されている。

社会人チーム「チームSS」に所属していた経験者で実力は確かだが、協調性にはやや難がある。

そのため今泉や鳴子からは「イキリ」と呼ばれ、段竹からは自転車を除けば小6レベルと言われている。

部長の手嶋に新入生レースで段竹と共に1・2着でゴールしたら、インターハイ出場を確約してほしいと申し出て、1着でゴールするものの、2着が杉元(兄)だったため、自分1人でインターハイのメンバーに入ると申し出て受理される。

真波 山岳(まなみ さんがく)

出典:twitter.com

箱根学園のクライマー。

選手層の厚い箱根学園で1年生にしてレギュラーを勝ち取る実力者。

遅刻魔でルーズな性格から自由気ままに自転車で山道へ繰り出し、いつも幼馴染みの宮原に怒られている。

風をよみ、羽根が生えたかのように加速する特技があるが、風がない時でも山頂に近づけばその羽根を出すような加速をすることが可能。

そのため2年次には出場した大会で圧倒的な成績を出し、コースレコードを幾つも出してきた事から「天空の羽根王子(スカイプリンス)」という異名がつけられた。

合宿へ向かう途中だった神奈川県で坂道が乗り物酔いと暑さに倒れていたところを偶然通りかかり、その坂道を助けたことが坂道との出会いのきっかけとなる。

御堂筋 翔(みどうすじ あきら)

出典:matome.naver.jp

京都伏見の非常に能力の高いオールラウンダー。

爬虫類のような不気味な雰囲気を持ち、奇声を上げるなど挙動不審な言動が多い。

スプリント勝負では箱根学園のエーススプリンター新開と、登坂勝負では純粋なクライマーである坂道や真波と同等の走りをすることから、オールラウンダーでありながらも、スプリントとヒルクライムの双方で特化型の選手に匹敵する実力を持つ。

また、コースや相手チームのデータなどを徹底的に調べレース状況全てを計算して戦略を立てる、頭も切れる実力者。

いざという時まで実力を隠すため、普段は指や太股を縛り力をセーブしており、本気で走る際には異常なほどの前傾姿勢を取る。

元々運動全般が苦手であったが、「何があっても前に」との亡き母の遺言を胸に、勝利のための努力をひたすら積み重ね、同年代の中でも群を抜く実力を運動性能・知略の両面で身に着けるに至った。

弱虫ペダルのキャスト

声優
  • 小野田 坂道: 山下大輝
  • 今泉 俊輔: 鳥海浩輔
  • 鳴子 章吉: 福島潤
  • 手嶋 純太: 岸尾だいすけ
  • 青八木 一: 松岡禎丞
  • 鏑木 一差: 下野紘
  • 真波 山岳: 代永翼
  • 東堂 尽八: 柿原徹也
  • 泉田 塔一郎: 阿部敦
  • 葦木場 拓斗: 宮野真守
  • 銅橋 正清: 小野大輔
  • 新開 悠人: 内田雄馬

弱虫ペダルのあらすじ

千葉県立総北高等学校の新入生・小野田坂道はアニメやゲームを愛するオタク少年。

中学時代にオタクの友達ができなかった彼は、高校こそは友達を作るためアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つものの、部員は集まらなかった。

そんな中、坂道は同級生の今泉俊輔から自転車レースを挑まれる。

中学時代に自転車競技で活躍していた今泉にとって、学校裏の斜度20%以上の激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する坂道は“信じがたい光景”であった。

「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」と今泉に言われ、勝負を受けた坂道だが、あと一歩のところで惜敗する。

それから数日後、坂道は関西から引っ越してきたばかりの少年・鳴子章吉と友人になる。

鳴子は中学時代に自転車競技で活躍しており、ひょんなことから坂道はその実力を知ることになる。

2人との出会いで今までに経験したことのなかった“自転車で速く走る楽しみ”を見出した坂道は、アニ研部の部員集めを諦め、自転車競技部に入部する。

小学生のときから自転車で秋葉原に通い続けていた坂道は、知らず知らずのうちに上り坂に強いクライマーとしての基礎能力が鍛えられており、その資質を見出されたことから、先輩部員でクライマーの巻島裕介の指導を受けることになり、才能を開花させていく。

弱虫ペダルの評判

Amazonプライムビデオのトップレビュー

出典:Amazonプライムビデオ

弱虫ペダルの主題歌

オープニングテーマ

エンディングテーマ

関連動画

弱虫ペダル

弱虫ペダル GRANDE ROAD

弱虫ペダル NEW GENERATION

弱虫ペダル GLORY LINE

弱虫ペダルをdアニメストアで無料視聴する!

僕の使っている月額制のアニメ配信サービス「dアニメストア」をご紹介させて頂きます。

dアニメストアは、月額400円で2900作品以上のアニメが何度でも視聴できる、コスパの高い動画配信サービスです。

もちろん、「弱虫ペダル」も全話視聴可能となっております。

また現在は、初回31日間の無料キャンペーンを行なっておりますので、
31日間の中でがっつりアニメを観て、途中で解約するという方法をとれば、無料でアニメを楽しむことができます!

関連記事

【2019年】歴代のおすすめ神アニメランキング100位〜51位

2019年9月22日