【2019年】おすすめギャンブル漫画ランキングTop15

この記事では、ギャンブル漫画が好きな方や、ギャンブル漫画に興味がある方向けに、約10年間で100作品以上の漫画を見ている漫画好きの僕が、ギャンブル系の漫画を中心に15位までのランキング形式でご紹介させて頂きます。

ランキングは、次のような基準で決めさせて頂きました。

  • 個人的な好みでランキングを作ります
  • シリーズ物は個別でランキングをつけています
  • 同じ作者の作品も複数ございます

僕の個人的な好みで作成でランキングを作成しましたので、作品の好き嫌いは出てくると思いますが、こちらも一つの意見として参考にして頂ければと思っています。

それでは、15位から紹介していきます!

おすすめギャンブル漫画ランキング

15位  咲-Saki-

出典:Amazon

咲-Saki-は、小林立さんによる麻雀漫画です。

ストーリーとしては、女子高生達が麻雀大会でチーム戦を行い、頂点を目指すといったシンプルな物語ですが、それぞれのキャラクターには超能力があり、基本的にはその超能力を使って勝利を目指していきます。
主人公の咲には難しい役の「嶺上開花」を使った麻雀が得意で、勝負所での嶺上開花は麻雀打ちなら痺れること間違いなしです。

女子高生達がたくさん登場する漫画なので、麻雀初心者でも気軽に読むことができますし、麻雀をこれから覚えたい方にもおすすめできる作品です。

ただ、1つ難点を挙げると、麻雀よりも超能力要素が大きい為、麻雀を本格的に覚えたいという方には向いてないかもしれません。

こんな人におすすめ
  • 麻雀に興味がある方
  • 可愛いキャラクターがいる漫画を見たい方
  • 嶺上開花をみたい方!

咲 -Saki-1巻【電子書籍】[ 小林立 ]

価格:287円
(2019/8/31 20:09時点)

14位  哲也-雀聖と呼ばれた男

出典:講談社コミックプラス

哲也-雀聖と呼ばれた男は、さいふうめいさんと星野泰視さんによる麻雀漫画です。

戦後の時代を描いており、主人公の哲也が玄人として成長していく姿や、
数多の玄人たちとの鎬を削る麻雀勝負など、勝負師としての生き様を見ることができます。

ストーリーの序盤ではイカサマを相手に勝利するシーンなどあり、
麻雀の汚い部分を知れたり、勝利に対する貪欲さを学ぶことができます。

作中では、哲也の師匠の房州さんと共に、数々の強敵と戦います。

やや古い漫画ではありますが、麻雀の本質を知ることができるのは、
この漫画ぐらいだと思います。

こんな人におすすめ
  • 麻雀のイカサマを見たい方
  • 麻雀の腕を上げたい方
  • 麻雀関係のお仕事をしている方

13位  賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編

出典:講談社コミックプラス

賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編は、兵頭の息子の和也との戦いを描いた漫画です。

勝負はポーカーを使って戦います。
2枚の中から1枚を選び勝負するといった、いたってシンプルなゲーム性ですがとても奥が深く、カードの読み合いにワクワクしてしまいます。

圧倒的に不利な状態からの勝負となりますが、奇跡的に連勝を重ね、自らの命や仲間の命も賭けるなど、ハラハラした展開となっていきます。

最後は、イカサマを逆手にとった衝撃の結末となるので、気になる方はぜひ見て頂きたいです。

こんな人におすすめ
  • ポーカーが好きな方
  • 心理戦が好きな方
  • 福本伸行さんの作品が好きな方

12位  賭博黙示録カイジ

出典:Amazon

賭博黙示録カイジは、カイジシリーズでの最初の漫画となります。

作中では、「限定ジャンケン」、「鉄骨渡り」、「Eカード」、「ティッシュ箱くじ引き」での勝負を行います。

カイジシリーズでの最初の漫画という事もあり、主人公のカイジの思考や生き方を知る事ができるので、初めてカイジを見る方にはおすすめしたい作品です。

いわゆる「クズ」のような生活をしていたカイジが大勝負に挑むという、
なかなか珍しい漫画だと思うので、自分がクズだと思う方や、逆に、カイジのようになりたくないという方にもおすすめできる作品です。

こんな人におすすめ
  • ギャンブルが好きな方
  • カイジを初めて見る方
  • 福本伸行さんの作品が好きな方

11位  むこうぶち 高レート裏麻雀列伝

出典:Amazon

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝は、天獅子悦也さんの漫画です。

作中では、傀(カイ)という悪魔じみた強さを持つ謎の麻雀打ちが登場し、
勝負中に「御無礼」と言われた対戦相手は必ず負ける伝説があります。

漫画の設定上は傀(カイ)が主人公となっておりますが、どちらかというと、
「傀と麻雀して負けた者」の心情を描いている部分が多い為、「敗者のストーリー」であるとも言える漫画です。

この漫画を読んで麻雀の腕が上がることはほとんどないと思いますが、
高レート麻雀のお金の動きや、高レート麻雀の怖さを知る事ができる漫画なので、一度は読んでみても良いかと思います。

こんな人におすすめ
  • 高レート麻雀に興味がある方
  • 名言の「ご無礼」を聞きたい方
  • 主人公が強い漫画が見たい方

10位  兎-野性の闘牌-

出典:Amazon

兎-野性の闘牌-は、伊藤誠さんの麻雀漫画です。

咲-Saki-と同じく超能力を使って戦いますが、位置付けとしては、咲-Saki-と天牌の間ぐらいと考えれば良さそうです。

作中では、特殊ルールのチーム戦が行われており、麻雀好きが楽しめるのはもちろんの事、チーム戦の事についても学ぶ事ができるので、僕自身はとても勉強になりました。

漫画として楽しみたい方にも、麻雀を覚えたいという方にもおすすめできる作品です。

こんな人におすすめ
  • 麻雀が好きな方
  • チーム戦が好きな方
  • 能力を使った麻雀に興味がある方

9位  麻雀飛龍伝説 天牌

出典:スマホクラブ

麻雀飛龍伝説 天牌は、来賀友志さんと嶺岸信明さんによる麻雀漫画です。

ストーリとしては、本物の麻雀打ちになりたい主人公が新宿の雀荘を渡り歩き、
数々の強敵と戦っていく中で成長していく物語となっています。

麻雀漫画でよくある特殊能力などの類は無く、実際に麻雀を打っているような感覚を味わえる数少ない麻雀漫画だと思います。

長く連載している漫画なので、お時間に余裕のある方や、これから麻雀を本格的に学びたいと考えている方にはぜひおすすめしたい漫画です。

こんな人におすすめ
  • 麻雀を本格的に学びたい方
  • 漫画を読む時間がある程度取れる方
  • 主人公の成長を楽しめる漫画が見たい方

8位  賭ケグルイ

出典:Amazon

賭ケグルイは、河本ほむらさんと尚村透さんによるギャンブル漫画です。

生徒同士のギャンブルによる階級制度によって支配された学園を描いており、
作中では様々なギャンブルが行われます。

普通のギャンブルとは違い、億単位のお金を賭けたり、自分の身体や命さえも賭けの対象とする事もあり、毎回ハラハラさせられます。

対戦相手ごとにギャンブルの内容が変わる為、多くの勝負を見る事ができます。

ギャンブルの内容も奥が深いものが多いので、ギャンブル好きの方や心理戦が得意な方には、ぜひ読んで頂きたいです。

こんな人におすすめ
  • 心理戦が好きな方
  • ギャンブルが好きな方
  • 学園ものの漫画を見たい方

【中古】賭ケグルイ 1/ 尚村透

価格:108円
(2019/8/31 20:23時点)

7位  賭博堕天録カイジ

出典:Amazon

賭博堕天録カイジは、カイジシリーズの中で、変則麻雀「17歩」の勝負にフォーカスした漫画です。

麻雀は通常4人で行いますが、この「17歩」の麻雀では2人で行い、聴牌した状態から始まるという特殊なルールとなっています。

意外とこの「17歩」のゲーム性は深く、僕も実際にやってみましたが、
とても面白く、麻雀のメンバーが集まらない時には必ずやるほど、僕の中では定番となりました。

麻雀が好きな方にはぜひ読んで頂きたいです。

こんな人におすすめ
  • 麻雀が好きな方
  • 特殊ルールの麻雀をやってみたい方
  • 福本伸行さんの作品が好きな方

6位  賭博破戒録カイジ

出典:ホンシェルジュ

賭博破戒録カイジは、カイジシリーズの中で、「地下チンチロリン」とパチンコ「沼」の勝負にフォーカスした漫画です。

ネタバレですが、作中ではチンチロも沼も主催者にイカサマをされて絶体絶命のピンチに陥ります。

イカサマを暴き、勝利を収めるのですが、実際に勝利に結びつける頭脳や洞察力は見事としか言いようがありません。

「地下チンチロリン」と「沼」はカイジの中でも名勝負と言われている部分なのでぜひ読んで頂きたいと思います。

こんな人におすすめ
  • ギャンブルが好きな方
  • カイジの名勝負「チンチロ」がみたい方
  • 福本伸行さんの作品が好きな方

5位  銀と金

出典:紀伊国屋書店

銀と金は、福本伸行さんによる漫画です。

裏社会で金を掴んでいる銀二と、銀二に憧れて裏社会で金を掴むことを目指している鉄雄のコンビが、数々のギャンブルに挑み、大金を掴む物語です。

中でも有名なのが「金の橋」と「誠京麻雀」の勝負です。

「金の橋」では、部屋を薄暗くし、3枚の絵から本物のセザンヌの絵を当てるというゲームで、札束を使って前に進んでいくという面白い勝負となっております。

「誠京麻雀」では、掛け金がツモるごとに発生し、1局で億単位の金が動きます。ルールも特殊で、金に物を言わせ2回ツモったりと普通の麻雀とは少しかけ離れています。

どの勝負も本当に面白いのでぜひ読んで頂きたいです。

こんな人におすすめ
  • アカギが好きな方
  • 裏社会の戦いを見たい方
  • 福本伸行さんの作品が好きな方

銀と金 1 【電子書籍】[ 福本伸行 ]

価格:432円
(2019/8/31 20:25時点)

4位  裏レート麻雀闘牌録 凍牌

出典:Amazon

裏レート麻雀闘牌録 凍牌は、志名坂高次さんによる麻雀漫画です。

高校生の少年が、高レートの雀荘で大人たち相手に連勝していき、ヤクザの代打ちとしても活躍していく物語です。

冷徹なる思考と冷静な打牌から、裏世界では“氷のK”と呼ばれ、ヤクザの代打ちからも恐れられています。

物語の後半になるに連れて、対局中に銃が飛び出すなどシリアスな展開になっていきます。

凍牌だけでも十分に楽しめますが、もっと楽しみたいという方には、豪快な打ち筋が魅力の堂島を主人公とした「牌王血戦ライオン」や、暴力団の組長、高津を主人公とした「麻闘伝 ぬえ」がスピンオフ作品として登場しており、こちらもおすすめです。

こんな人におすすめ
  • 高レート麻雀に興味がある方
  • 麻雀でのメンタルを鍛えたい方
  • イラストが綺麗な漫画を見たい方

3位  天 天和通りの快男児

出典:EPG magazine

天 天和通りの快男児は、福本伸行さんによる麻雀漫画です。

物語の始まりは、「理」によって麻雀を打っていた井川ひろゆきと「理」以外のもので打つ天貴史との対局で、天がイカサマの天和九蓮宝燈をあがり物語は始まります。

天を慕っていたひろゆきは、「東」の裏プロ達と「西」裏プロ達が雌雄を決する「東西戦」があることを聞きつけ、ヤクザの代理戦争ともいえる莫大な利権が懸かった危険な戦いに挑みます。

そこには、あのアカギで有名な赤木しげるも登場し、痺れる麻雀の攻防が繰り広げられます。

ネタバレにはなってしまいますが、物語の最後で、赤木しげるが安楽死により死んでしまう結末を迎えてしまいます。

悲しい結末にはなってしまいましたが、アカギファンなら絶対に最後までみて欲しい漫画No.1です。

こんな人におすすめ
  • アカギしげるの生き方が好きな方
  • チーム戦が好きな方
  • 福本伸行さんの作品が好きな方

2位  嘘喰い

出典:Amazon

嘘喰いは、迫稔雄さんによるギャンブル漫画です。

作中では、幅広い種類のギャンブルやゲームが取り上げられ、登場キャラクターが様々な頭脳戦を繰り広げます。

どれも面白いギャンブルばかりでしたが、僕は「ハングマン」というババ抜きのゲームと水中で戦う「エア・ポーカー」が大好きです。

ギャンブル全体を通して、とても頭を使ったギャンブルが多く、しっかり読み込まないと分からないギャンブルもありました。

ここまでのギャンブルを作る事ができる作者は、ものすごく頭の良い方なのだろうと想像できてしまうほど、名ギャンブル揃いの作品です。

ギャンブル好きの方や心理戦が得意な方はぜひ読んでみて下さい。

こんな人におすすめ
  • 複数のギャンブルが楽しめる漫画を見たい方
  • ギャンブルが好きな方
  • 心理戦が好きな方

嘘喰い 1【電子書籍】[ 迫稔雄 ]

価格:518円
(2019/8/31 20:30時点)

1位  アカギ 〜闇に降り立った天才〜

出典:MANTANWEB

アカギ 〜闇に降り立った天才〜は、福本伸行さんによる麻雀漫画です。

実は最近知ったのですが、アカギは「天 天和通りの快男児」のスピンオフ作品として描かれた作品だそうです。

主人公のアカギは、ギャンブル全般において異常なまでの勝負強さを発揮し、対戦相手から悪魔と言われるほど恐れらる存在となっています。

初めて牌を触った麻雀でも、ヤクザ相手にイカサマを使った「大三元」を上がるなど才能の片鱗をみせていきます。

作品の終盤では、アカギで有名な「鷲巣麻雀編」に突入し、鷲巣との一進一退の攻防を繰り広げる事になります。

「鷲巣麻雀編」では、ストーリーが進むスピードが遅いという評判があり、実際に僕も少し感じていました。

しかし終わってみると、本当に読んで良かったと思える程すっきりとした気持ちになり、麻雀の素晴らしさを再確認する事ができました。

麻雀が好きな方にはぜひ読んで欲しい作品です。

こんな人におすすめ
  • 麻雀が好きな方
  • 特殊ルールのゲームが好きな方
  • 福本伸行さんの作品が好きな方

アカギ 1【電子書籍】[ 福本伸行 ]

価格:432円
(2019/8/31 20:31時点)