「アカメが斬る!」を無料で観る!あらすじ・キャラクター紹介のまとめ

この記事では、アニメ「アカメが斬る!」を無料で試聴する方法やあらすじ・キャラクターなどを分かりやすくまとめています。

アカメが斬る!の面白さが伝わるように、画像や動画を使って解説しているので、ぜひご覧ください!

アカメが斬る!のスタッフ・制作会社

  • 原作: タカヒロ、田代哲也
  • 監督: 小林智樹
  • 脚本: 上江洲誠、待田堂子、中村浩二郎
  • キャラクターデザイン: 中村和久
  • アニメーション制作: WHITE FOX

アカメが斬る!のキャラクター

タツミ

出典:dアニメストア

本作品の主人公。

血気盛んで、少々無鉄砲な夢にあふれる少年。

年上ウケがよく、ナジェンダいわく「年上キラー」。

重税により貧困にあえぐ故郷の村を救うため、幼なじみのサヨ、イエヤスとともに帝都に向かうが、夜盗の襲撃により離散する。

レオーネに騙され無一文となり、野宿していたところをアリアに拾われ、アリアの護衛を任される。

その次の晩、アリア一家の屋敷を襲撃に来た「ナイトレイド」と遭遇。

アリアを殺そうとするアカメと戦闘になり死にかけるも、レオーネによって戦闘が中断される。

当時はなぜ罪も無いアリアを殺そうとするのかと疑問を投げていたが、レオーネによって一家の闇をみせつけられ、サヨとイエヤスがその犠牲になっていたことを知り、アリアを斬殺する。

その思い切りの良さと、剣の腕をレオーネに買われ、ナイトレイドに加入し、修羅の道を歩んでいくことになる。

アカメ

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

もう一人の主人公。

口癖は「葬る」。

寡黙かつ無表情なためにとっつきづらいが、仲間への想いは非常に強い。

幼少期に妹のクロメとともに帝国に売られ、帝都の養成機関で暗殺者として育てられた。

帝都に言われるままに暗殺を続けていたが、仕事をこなすごとに帝国の闇を徐々に知っていき、やがて標的だったナジェンダに説得されて帝国を離反した。

クロメにも一緒に離反しようと声を掛けたが否定され、敵対する関係となる。

実力が非常に高く、圧倒的なスピードと華奢な見た目からは想像がつかない重い斬撃を誇る。

一斬必殺である村雨の能力が加わることから、ナイトレイドの「切り札」的存在となっている。

マイン

出典:dアニメストア

本作のヒロインで、自称「射撃の天才」。

勝ち気な性格で、暗殺者として顔が割れていないことを利用して、帝都で堂々とショッピングを楽しむこともある。

西の異民族とのハーフで、差別され続けた悲惨な幼少時代を過ごしており、「差別のない」新国家を誕生させるために戦っている。

タツミとは気の強い者同士、口喧嘩が絶えない。

当初はタツミをバカにしていたが、ブラートが死亡してからはインクルシオを使いこなすために強くなろうと必死に努力するタツミに惹かれていく。

最後のブドーとの戦いでは、精神力全てを振り絞った結果、ブドーを打ち破るも力尽き、タツミにキスをして想いを伝えながら、その腕の中で息を引き取った。

レオーネ

出典:dアニメストア

タツミをスカウトした張本人。

気さくな性格で明るい言動が目立つものの、血のついた剣を洗っているタツミに対しては少し冷たい発言をするなど、多くの修羅場をくぐってきた暗殺者の面と垣間見せる。

金遣いが荒く、多重に借金をしたり初対面のタツミから金を騙し取ったりもしている。

「スラム」の出身であり、気に入らない相手をたたききのめしていたところを「ナイトレイド」にスカウトされた。

調子に乗っている相手をたたき潰すのが癖になっており、国の頂点に立っている大臣を最高の獲物と位置づけ、殺すことを楽しみにしている。

最期は、アカメに別れを告げて平和になったスラム街を見届けた後、路地裏でひっそりと息絶えた。

ラバック

出典:ヤプログ!

スケベなお調子者の少年。

元々は地方の大商人の四男坊として、不自由なく生活していたが、赴任してきたナジェンダに一目惚れし、帝国軍に志願。

その後、ナジェンダの離反に伴って自らの死亡を偽装したうえで、軍を脱走した。

非常に器用で、大抵のことならば人並み以上にこなすことのできる天才肌。

加えて、咄嗟の機転や臨機応変さにも優れており、クローステールの性能を十二分に引き出す柔軟さは、ナジェンダから高く評価されている。

ナジェンダ

出典:アニメトリー

帝国の元将軍。

帝国軍の残虐な所業を目にし、帝国軍からの離反。

冷静だが思いやりのある性格で、メンバーからの信頼は厚いが、たまにくりだすギャグは寒い。

元将軍だけに高い戦闘力を誇るが、本人いわく「当時の6割程度」と語っている。

分析力や戦術眼に優れており、その能力はエスデスすら認めるほどである。

ブラート

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

元帝国の軍人。

豪快な性格で、面倒見がいい兄貴分。

タツミに目をかけており、いずれ自分を超えるかもしれないと期待を寄せている。

帝都の腐敗を知ってナイトレイドに加入。

軍人時代は「100人斬りのブラート」として名が通っており、その戦闘力はナイトレイド随一。

帝具がなくても十分な強さを持ち、ニャウからは「エスデスに次ぐ」とまで評されている。

かつて尊敬していた上司リヴァと対峙し、激戦の末、致命傷を与えるものの、猛毒を仕込まれた血を撃ち込まれこれに侵される。死を悟ったことでタツミにインクルシオを託し、その奮戦を見届けながら静かに逝った。

シェーレ

出典:みんカラ

眼鏡をかけた女性。

口癖は「すいません」。

おっとりかつほんわかした性格で、包み込むような母性がある。

下町生まれで、なにをやらせてもドジだったため、周囲から「頭のネジがはずれている」とからかわれていた。

ある日、友人が振った元彼氏に殺されそうになった際、男を冷静に殺して友人を救い、その男の仲間たちが報復のためシェーレの家族を殺害し、シェーレ自身に襲いかかってきた際も、平常心で男の仲間たちを全員殺害した。

その際、驚くほど自分の頭がクリアだったことから、「頭のネジが外れている」からこそ役に立てることがあると確信。

それ以降、帝都で暗殺稼業を営んでいたが、スカウトされて「ナイトレイド」に加わった。

敵に胴体を食いちぎられ、捕食されるという凄惨な最期を迎えたが、その死はメンバーの心に深い傷を残している。

スサノオ

出典:NAVER まとめ

ブラートの死後にナジェンダが連れてきた新メンバーであり、生物型の帝具「電光石火スサノオ」。

主の細かい変化も見逃さないほどの観察眼をもち、戦闘中にも関わらず髪型や服装の乱れ、左右非対称なものなどが気になるという几帳面な性格のもち主。

あらゆる家事を完璧にこなすスキルももつため、タツミたちともすぐに打ちとけ、「スーさん」の愛称で親しまれている。

帝具というだけあって超級危険種とは互角に渡り合い、禍魂顕現時には瞬殺するだけの戦闘力を誇っている。

チェルシー

出典:frequ.jp

ブラートの死後、ナジェンダが連れてきた新メンバー。

壊滅した地方チームの唯一の生き残りで、アカメと同等の仕事量をこなしてきた手練れ。

いたずら好きでもあり、自身の帝具を使って仲間たちにちょくちょくいたずらを仕掛けている。

誰に対しても明るく接する反面、現実的でシビアな考えの持ち主。

直接的な戦闘を好まず、ガイアファンデーションの性質を生かして確実に標的に接近し、暗殺するスタイルをとっている。

エスデス

出典:dアニメストア

「帝国最強」と評される将軍。

狩猟民族パルタス族の長の娘。

子供の頃から狩人としての才を持つと同時に、残忍な性格も兼ね備えている。

美人だが、趣味が狩りや拷問というドS精神の塊で、弱肉強食の理論を信条としており、弱者が淘汰されて滅ぶのは当然のことだと考えている。

帝国の圧政に耐えかねて反乱を起こしたバン族を一瞬で返り討ちにし、戦の勝利への褒美と称して、大勢の人間を虐殺した過去を持つ。

帝都で暗躍を続けているナイトレイドを始めとする、ならず者を殲滅するため、帝具使い6人を含む治安維持部隊「特殊警察イェーガーズ」を組織し、隊長に就任する。

武芸大会では、身分を詐称して出場したタツミの戦いぶりを観て、彼に恋心を抱く。

最終決戦でアカメに敗北し、タツミの亡骸に寄り添い自らを凍結させ、タツミと運命を共にした。

クロメ

出典:アニメトリー

アカメの妹。

薬物投与により、異常なほどに高い身体能力を生み出しており、首をえぐられても死なない。

常に「クロメのおかし」と書かれた袋に入った菓子を食べているがこれは肉体強化用の劇薬が練り込まれているためであり、一定期間口にしないと劇薬の影響で体に異常をきたしてしまい、戦闘不能になってしまうためである。

仲間に対しては強く歪んだ執着心を持っており、いつまでも一緒にいるために八房で斬り殺し、自分の人形とすることでずっと一緒にいようとする。

イェーガーズ結成直後は孤独な影を纏っていたが、チームの仲間、特にウェイブとの交流を通じて、より人間らしい感情を見せるようになる。

アカメとの思い出の場所である廃墟で、アカメとの最後の決闘に臨むが、死闘の末にアカメに斬られてその生涯を終えた。

なお、亡骸はウェイブによって運ばれ、どこかの丘に埋葬された。

アカメが斬る!のキャスト

声優
  • タツミ: 斉藤壮馬
  • アカメ: 雨宮天
  • マイン: 田村ゆかり
  • レオーネ: 浅川悠
  • ラバック: 松岡禎丞
  • ナジェンダ: 水野理紗
  • ブラート: 小西克幸
  • シェーレ: 能登麻美子
  • スサノオ: 浅沼晋太郎
  • チェルシー: 名塚佳織
  • エスデス: 明坂聡美
  • クロメ: 大橋彩香
  • ウェイブ: 細谷佳正

アカメが斬る!のあらすじ(1話)

重税に苦しむ村で生まれ育った少年剣士タツミは帝都軍の兵士を目指し、出世して村を潤そうと、幼馴染の少女サヨと少年イエヤスと共に帝都への旅に出るが、道中、三人は夜盗の襲撃によって離れ離れになる。

辛くも一人で帝都に辿り着いたタツミだったが、その日のうちにレオーネという女によって金を騙し取られてしまう。

途方に暮れるタツミだったが、通りすがりの貴族の少女アリアに助けられる。

ある日の夜、ただならぬ殺気で目を覚ましたタツミは、窓の向こうに殺し屋集団ナイトレイドを見る。

タツミが「同僚の護衛に加勢してナイトレイドと戦うか」「それとも家人の元に駆けつけて彼らを守るべきか」と悩んだ一瞬の間に、同僚の護衛はナイトレイドによって全て始末されてしまう。

アリアの元に駆けつけたタツミの前に立ちはだかったのはナイトレイドの剣客アカメと、帝都に辿り着いたその日に彼からお金を騙し取ったレオーネだった。

アリアを斬ろうとするアカメに対し「罪もない女の子を殺すのか」と立ちはだかり、刃を交えるタツミ。

アカメはそんなタツミ諸共に標的を斬ろうとするが、レオーネはそんなアカメを「その少年には借りがある」と静止し、タツミに残酷な真実を突きつける。

アリアとその家族は、表向きは夢を見て帝都にやってきたものの路頭に迷った田舎者たちに善意を施していたが、裏では彼らを相手に残虐な実験や拷問を繰り返し、殺すことを楽しんでいるサディスト一家であった。

その犠牲者の中に道中で離れ離れになったタツミの幼馴染サヨとイエヤスを見つける。

帝都の影に潜む真実を知って呆然するタツミ。

そんな彼を他所にアカメがアリアに斬りかかろうとするが、その寸前タツミが自らの剣でアリアを斬る。

憎い相手とは言え一遍の迷いもなくアリアを斬り殺したタツミを気に入ったレオーネは、彼をナイトレイドのアジトに強引に連れ帰る。

そこでナイトレイドの目的を知り、同時に後戻りできなくなったタツミは帝都の腐敗を正すべく、殺し屋集団ナイトレイドの一員となることを決意する。

アカメが斬る!の評判

出典:Amazonプライムビデオ

アカメが斬る!の主題歌

オープニングテーマ

月灯り

関連動画

アカメが斬る!をdアニメストアで無料視聴する!

僕の使っている月額制のアニメ配信サービス「dアニメストア」をご紹介させて頂きます。

dアニメストアは、月額400円で2900作品以上のアニメが何度でも視聴できる、コスパの高い動画配信サービスです。

もちろん、アカメが斬る!も全話視聴可能となっております。

また現在は、初回31日間の無料キャンペーンを行なっておりますので、
31日間の中でがっつりアニメを観て、途中で解約するという方法をとれば、無料でアニメを楽しむことができます!

関連記事

【2019年】歴代のおすすめシリアス系アニメ30選

2019年6月3日