咲-Saki-を無料で観る!あらすじ・キャラクター紹介のまとめ

この記事では、アニメ「咲-Saki-」を無料で視聴する方法やあらすじ・キャラクターなどを分かりやすくまとめています。

咲-Saki-の面白さが伝わるように、画像や動画を使って解説しているので、ぜひご覧ください!

咲-Saki-のスタッフ・制作会社

  • 原作: 小林立
  • 監督: 小野学
  • 脚本: 浦畑達彦
  • キャラクターデザイン: 佐々木政勝
  • アニメーション制作: GONZO、ピクチャーマジック

咲-Saki-のキャラクター

宮永 咲(みやなが さき)

出典:dアニメストア

本作品の主人公。

気が弱くて泣き虫なドジっ娘。

得意役は自分の名前に類似した嶺上開花。

本気を出す時は靴下を脱ぐ。

現在は父子家庭で、別居中の母と姉の宮永照は東京におり、今でも帰りを待っている。

負ければお年玉を巻き上げられ、勝ちすぎると嫌な顔をされるからという身勝手な家族麻雀が原因で、勝つことも負けることもしないプラスマイナスゼロで終局させる技術を身につけた。

確執を抱える姉とも麻雀を通してなら話せるのではないか、と思い麻雀部に入ることを決めた。

原村 和(はらむら のどか)

出典:アニメトリー

本作品の準主人公。

全国中学生麻雀大会個人戦優勝の経験を持つ実力者。

ネット麻雀では、のどっちのハンドルネームで伝説的強者として知られる、デジタル思考の打ち手。

麻雀でのオカルトの存在に関しては否定的な考えを持っている。

リアルでの麻雀ではイージーミスが多かったが「ペンギンを抱くと自宅と同じように眠れるのなら、ペンギンを抱けば自宅と同じように打てるかもしれない」という久の思い付きによりエトペンのぬいぐるみを抱いて打つようになった。

その結果、集中力が増しミスも大きく減り、藤田プロに「以前とは次元が違う」と言わしめるほどの成長をみせた。

集中力がある点を超えると、のぼせたような雰囲気(覚醒状態)になり、リアルの麻雀をデジタルのゲーム画面のように知覚し、他者の気配に影響を受けることもなく、のどっちと同じ闘牌をすることができる。

片岡 優希(かたおか ゆうき)

出典:dアニメストア

清澄高校の先鋒戦を担当している少女。

タコスが大好物。

お気楽にして豪快な性格だが、同学年の宮永咲や原村和の前では涙を見せたがらないなど気が強い一面もある。

語尾に「じぇ」や「じょ」をつけるなど、しゃべり方が特徴。

東場では無類の強さを誇るが、後半になると失速する事が多い。

東初の起家を担当する確率が高く、個人戦でみせた東場での爆発力は全国の強豪校にも警戒され、末原恭子からは「常識の外にいる生き物かもしれない」と評されている。

竹井 久(たけい ひさ)

出典:アニメトリー

清澄高校の中堅を務める少女。

大事な局面ではあえて手を崩し、地獄単騎や嵌張(カンチャン)といった悪待ちで他家からの出和了りを誘うなど、セオリーを無視することによって相手を翻弄するような戦いを好む。

宮永咲が3連続プラマイゼロで終えたことに気づいたり、和にエトペンを抱かせることでリアル麻雀でのミスを減らせるなど、観察力にも長けている。

マナー違反ではあるが、ツモ和了りする際に牌を親指で跳ね上げ、牌が空中にある間に倒牌し、落ちてきたところを叩きつけるという過激な和了りをみせる事がある。

廃部寸前だった清澄高校の麻雀部を建て直し、インターハイ優勝へ向けて、静かな闘志を燃やす。

染谷 まこ(そめや まこ)

広島弁でしゃべる眼鏡っ子。

家は「Roof-top」という雀荘を経営している。

次鋒を務めており、染め手が得意。

家業の関係で幼少時から膨大な量の対局を見ており、現在の卓上と似た過去の牌譜を記憶から引き出して人の顔のイメージに見立て、悪い表情に見えた場合は良くなる方へ歪ませるという風に流れを操作して、場を自分有利な状況へ運ぶことができる。

しかし、記憶にない局面には対応することができないため、素人とは相性が悪い。

天江 衣(あまえ ころも)

出典:なるとさんのあれこれブログ

前年度MVP。

昨年のインターハイ団体戦では、1回戦で2校、2回戦で3校を同時に飛ばすなど、その実力は全国トップクラスの選手達の中でも異彩を放っている。

かなり幼い外見と性格をしているが、力を見せるときは独特の自信にあふれた態度と威圧感で相手を圧倒する。

子供扱いされることが多いが、本人は嫌がっており「こども」という単語に過剰反応する。

「海底牌にどの牌が埋まっているかを確実に察知する」能力を持ち、海底撈月を得意役としている。

また、場を支配する能力によって、相手に聴牌を入れさせない効果もあり、一見するとつけ入る隙の全くない完璧な能力に思えるが、王牌は支配外である。

そのため、槓で王牌から牌を引き、そのたびに手が変化し打点が上昇する咲は、衣にとって天敵と言える。

池田 華菜(いけだ かな)

出典:WIKI

風越女子の高火力型プレイヤー。

「〜だし」が口癖。

福路美穂子を誰よりも慕っており、彼女に褒められることが好きで、悲しい顔をさせることは何よりも嫌う。

感情の起伏が激しく、調子に乗った発言が目立つ時があるが、本人も図々しい性格だと自覚している。

また、感情が昂ぶると髪の毛が逆立ち、猫耳のようになる描写が多々ある。

県予選団体戦決勝大将戦では、天江衣・宮永咲・加治木ゆみと対局。天江衣によって一時点数が0点ちょうどとなり、逆転はほぼ不可能という状況まで追い込まれても、最後まで勝利を諦めない姿勢を貫いた。

東横 桃子(とうよこ ももこ)

出典:アニメトリー

鶴賀学園の副将。

自称ステルスモモ。

語尾に「っす」とつける癖がある。

学内サーバのネット麻雀に参加したところ、その腕に惚れ込んだ加治木ゆみにスカウトされ入部した。

隣にいるのに相手が気づかないほど影が薄く、ゆみは影の薄さ金メダル級とまで評している。

特殊な能力を持っており、リーチをかけてもまったく警戒されないことや振り込んでも和了牌を無視されるなど、謎の現象が発生する。

園城寺 怜(おんじょうじ とき)

出典:無料の壁紙の何百万人

千里山女子のエース。

病弱なため、よく清水谷竜華に膝枕をされている。

倒れて生死の境をさまよってから一巡先を見る能力に目覚める。

しかし体力や精神力を消耗するため使い放題とはいかず、予知に逆らった行動を取ると二巡くらい何も見えなくなる。

さらに意識を集中することで二巡先を見ることもできるが、消耗が激しくなるため過去に一度試した際は部室で倒れてしまい、竜華から使用を禁止されている

リーチを掛けることは少ないが、掛ける場合は一発ツモになるタイミングで掛ける。

この際、人差し指でリーチ棒を立てる独特の仕草をする。

宮永 照

出典:dアニメストア

宮永咲の姉。

前年度のインターハイ及び今年度の春季大会の2冠優勝者。

昨年度インターハイ個人戦準優勝の荒川憩をして「人間ではない」と言わしめるなど、全国の強豪たちの中でも別格の存在として君臨している。

最初の東一局では和了らず様子見に徹することが多く、小鍛治健夜はこれを「相手の本質を見抜く照魔鏡のようなもの」と解説している。

異常なほど高い和了率を誇り、さらに連続で上がるたびに打点が上昇する。

また、松実玄に倍満を振り込むまでは、公式戦で2年間跳満以上の放銃をしたことがなく、守備力も非常に高い。

咲-Saki-のキャスト

声優
  • 宮永咲: 植田佳奈
  • 原村和: 小清水亜美
  • 片岡優希: 釘宮理恵
  • 宮永照: 中原麻衣
  • 竹井久: 伊藤静
  • 染谷まこ: 白石涼子
  • 須賀京太郎: 福山潤
  • 天江衣: 福原香織
  • 龍門渕透華: 茅原実里

咲-Saki-の評判

Amazonプライムビデオのトップレビュー

出典:Amazonプライムビデオ

関連動画

咲-Saki-阿知賀編

咲-Saki-をdアニメストアで無料視聴する!

僕の使っている月額制のアニメ配信サービス「dアニメストア」をご紹介させて頂きます。

dアニメストアは、月額400円で2900作品以上のアニメが何度でも視聴できる、コスパの高い動画配信サービスです。

もちろん、咲-Saki-も全話視聴可能となっております。

また、現在は初回31日間の無料キャンペーンを行なっておりますので、
31日間の中でがっつりアニメを観て、途中で解約するという方法をとれば、無料でアニメを楽しむことができます!

関連記事

歴代のおすすめ神アニメランキングTop50

2019年6月2日

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-Aを無料で観る!あらすじ・キャラクター紹介のまとめ

2019年12月20日